メニュー項目

事務所所在地

税理士法人 メディカルビジネス

■本社
東京都千代田区隼町2-17
パレスサイド千代田5F
〒102-0092
TEL: 03(3262)6707
FAX: 03(3262)6713

[Map]

■支社
熊本県熊本市中央区神水1-22-8
〒862-0954
TEL: 096(385)2366
FAX: 096(385)2085

[Map]

 

節税メモ

7. 交際費

■交際費について、個人所得税において制限は無く、法人税においては制限があり、一部は必ず損金不算入になるから、個人が有利などと言う人がいます。制限があるかないかだけで言えばそのとおりですが、接待・交際費とは「得意先・仕入先その他事業に関係がある者に対する接待・きょう応・慰安・贈答等の行為をするために支出する費用で事業遂行上必要なもの」とされていますから、個人は無制限というのは曲解と言えます。

■交際費は調査の立ち会いでいつも税務当局と納税者の意見がぶつかる所です。たとえば知り合いの医師の結婚祝いなどは、納税者はふだん事業遂行上お世話になっている方への贈答と考え、税務当局は友人への結婚祝いであって事業遂行には関係無いと考えて真っ向対立するわけです。また税務当局は医師である納税者は仕入先(薬の卸など)から接待を受けることはあっても、ご馳走することはないだろうと考えて税務調査します。

■交際費については、領収書だけでは主張は通りませんから、少なくとも贈答先、飲食の相手先の氏名・住所は明らかにする必要があります。領収書の片隅にでもすぐにメモされておかれるのが良いでしょう。

■資本金1億円以下の法人の定額控除限度額が、平成26年4月から600万円が800万円に引き上げられました。また、外部の人を含めた飲食費で、1人当たり5,000円以下のものには、従来どおり限度額の対象となる交際費から除かれた損金になります。

節税メモ index

  1. 個人増税時代の法人活用
  2. 医療法人①メリットとデメリット
  3. 医療法人②役員退職金
  4. 医師優遇税制 所得税概算経費
  5. 開業の準備費用
  6. 減価償却費・税額控除
  7. 交際費
  8. 青色専従者給与
  9. 役員住宅
  10. めがねコンタクトの販売